Home > 五島列島釣MAP > サザエ島・工一瀬

サザエ島・工一瀬

せいわ,航輝164 サザエ島・工一瀬:せいわ,航輝


工一瀬のイシダイは、春は立藻が多いせいか釣況的には単発でパットしない。ここは秋~冬場へかけて3~4㎏級の良型を主体に5㎏オーバーの大型が出る海域。
各釣り座とも水深があり、上げ潮を狙う。工一瀬の東側は両潮、高台の南向きは下げ潮の反転流でも大型が出る。アラは、上げ止まり、もしくは下げ潮の反転流を狙う。
クロは500g~1㎏と良型で、シケ気味の日にサラシの先を狙うと良くアタる。
イサキ、マダイはカゴ釣りで、秋~冬に数出る。マダイは2~3㎏級が主体だが、5~7㎏台の実績も多い。


工一瀬のポイント解説

ひと昔前に7~8㎏クラスのイシダイが上がり、現在でも5㎏オーバーが年に数枚記録される大場所。
Aは足場が平らで、イシダイは20〜25m遠投して狙う。上げ潮が本命だが、水道部から下げ潮が入る時は、イシダイ、クロともOK。クロはフカセ釣り。
Bは上げ潮時に竿3本投げて足元へ落ち着かせる。水深は24~25m。ここは5人位の竿出しができ、4~5㎏級のイシダイが出る。下げ潮は入らないことが多い。
Cは足場が一段低くなっており、上げ潮はBと同じように攻める。下げ潮は、沖の潮目が横向きに角度を変えて来た時に20~30m遠投すると、アタリが出る。
Dは先端部が一段低くなった所で、足場は狭い。ここは上げ潮が横流れとなるため釣り辛く、本命は下げ潮のゆるやかな反転流。
Eは一段低くなった所で、上げ下げともにやれる。流れが強い時は反転流狙いもできるが、上げ潮時には手に負えないほど速い潮流が来ることもある。
Fは近年になって竿を出すようになったイシダイの新ポイント。両潮ともに少し投げて足元を釣ると25~28m入る。4~5kg級の実績があり、最大のチャンスは潮止まり前後。
ここ工一瀬は全体的に底根が荒いため、中途半端にかけ上がり部分を探ると、根掛かりが多発する。また、遠投する時は潮がゆるんでからにすること。10~12月には、イシダイ、マダイともに大型が数出る。


 このページのタグ:


サイト内検索
五島列島のお天気
コンテンツメニュー
Return to page top