Home > 五島列島釣MAP > サザエ島・鳥小島

サザエ島・鳥小島

せいわ,航輝166 サザエ島・島小島:せいわ,航輝


鳥小島のイシダイは、上げ潮が本命で、水深は15m前後。春より秋が良く、10月下旬からが本番。型は3㎏級が主体。上げ潮は緩くて釣りやすい。
クロは、上げ潮にイシダイポイントと同じ釣り座、もしくは螺 島の北側一帯を狙う。
しかし、冬場は北西風のため、島小島の南側での竿出しが多くなる。ここは下げ潮が本命だが、上げ潮でも釣果は出る。
クロの型は、500~600gが主体。まずめ時やサラシなど条件が揃う日にはキロオーバーも出る。
一帯は、下げ潮の本流がかなり沖を流れ、その影響を受けた引かれ潮が動くため、潮流が一定しない。


手代島のポイント解説

手代島のイシダイは螺 島の工一瀬、工一鼻とともに古くから開拓された釣り場で、地元の釣り人が好んで上礁する。
ポイントは東向きで15〜20m遠投し、そのまま糸を送り込んで着底させる。最深部でアタリが出ない時は、ハエ根の延長線上のかけ上がりまで仕掛けを引っ張る。そうすることによって15~20m付近でイシダイのアタリが出るケースが多い。
両潮ともに狙えるが、本命は上げ潮。沖から反転流が入って来る時がチャンス。足場が良く、10~12月には4~5㎏級の実績がある。
クロ、イサキは、潮によって釣り座を変える。上げ潮は水道側でキロ級の良型。下げ潮は沖側の釣り座で800g~1㎏級の数釣り。イサキは散発的ながらキロクラスが出る。


 このページのタグ:


サイト内検索
五島列島のお天気
コンテンツメニュー
Return to page top